病理診断医の転職動向は?

病理診断医求人TOP >> FAQ >> 病理診断医の転職動向は?

病理診断医の転職動向は?

病理診断医に対するニーズは高く、病気の治療においては不可欠な存在です。 しかし、病理解剖に診療報酬がつかない事と絶対数が限られていた病理医における求人は非常に少なく病理科がある医療機関も限られた病院だけというのが近年までの現状です。 当然、こうなれば病理医が転職を考えたとしても、それに伴う求人を確保するのが非常に難しかったと言う事になります。

現在では、診療報酬が認められた事から病理診療科を配置する医療機関も以前よりは増えたものの、地域の民間病院には病理科というものがないところもあります。 求人に伴う病理医の定員自体1名ほどなので、それを転職に伴う確保するのは非常に厳しい事が窺われます。

しかも病理医は就職に際し定着率の高い職種なだけに空きが出ることも少ない。 なので、転職動向を考え、採用ニーズを考えても明るい状況を期待する事は出来ません。 そもそも、求人も少なく1求人につきの定員も1名がやっとの案件を確保するには時間をかける必要もあり、十分なリサーチをする必要もあります。 他診療科の医師が転職を考えれば、需要も高く求人も多い。 しかし、病理診断医の場合は、求人も少ないのにひとつの求人に対する定員もわずかなので、自由に求人を選ぶ事さえできません。

だからこそ、病理診断医が転職を考えるなら、時間を十分に欠ける事はもちろん、しっかりと情報をリサーチする事が必要になってきます。 平均給与も各医療機関によって異なり、病理診断医の場合は個別に報酬を相談するなども多いので、転職は十分に考え慎重な行動が必要になります。

病理診断医求人に関する年収相場は高くて1500万円というケースが多いですが、低い場合なら1000万円程度という場合もあります。 求人数が他診療科の医師より少ないだけに、じっくり選ぶという事もままならない状況とも言えるわけですが、病理診断医の転職はこうした現状だからこそ、時間も必要で情報収集もしっかりと行う必要があるのです。

また、医師の転職に関しては医師の求人だけを専門に扱う転職エージェントの利用が不可欠で、医師に特化した転職エージェントなしでは病理診断医の求人を確保する事は難しいといえますし、定員も少ないだけに求人を確保するには万全な対策も必須です。 いずれにしても病理診断医の求人が少ないだけに、十分にリサーチを行うためにも医師求人に特化した転職エージェントの利用は欠かせませんし、転職エージェントを利用することで有利に求人を確保する事が実現します。

病理診断医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 病理診断医の募集先探し All Rights Reserved.