病理診断医は不足している?

病理診断医求人TOP >> FAQ >> 病理診断医は不足している?

病理診断医は不足している?

病理診断医は、他診療科の医師よりも目指す方が少なめです。 しかも、就職に際する定着率が高めなので、一度就職したら空きが中々出ません。 そのため、医師の求人が多いのに対し、病理診断医の求人は極端に少ない。 なお且つ、医師の中でも病理診断医の場合は、非常に幅広い知識を要する職業であり、常に新しい知識を習得していかなくてはいけませんし、それに伴う的確な診断をしなければいけません。 よって、病理診断医を目指す方が少なく、それに伴い病理診断医は不足しています。

しかも、求められるスキルはとても高いのに対し、病理診断医の年収相場は低く、各求人によって待遇は違うもののすべてがいいとは言い難い。 だからこそ、病理診断医を目指す方もあまり多いとは言えず、求人もあまりお目にかかれませんから人が増える事が無く不足傾向といえるのです。

日本の医療機関で病理診断医がいるのが、大体500ぐらいで病理診断医は、日本に1800人以上。 しかもこの500の内の290程度の医療機関では、病理医が1人しかいないというのが現実です。 何があっても一人で対処し、一人で考え悩み結論づける。 こうした一人病理医が多く、当然これでは病理診断医が足りていると言い難く不足していると言えるでしょう。

大体、病理診断医は病気の治療、改善にとって不可欠な専門医ですが、日本の医療機関にはたったの300程度しか病理医がいません。 つまり、ほとんどの病院には、病気の治療や回復において欠かせない病理医がいないと言う事になり、病理医のいない医療機関で多くの方が病気の治療となる手術等を行っている事になります。 がん治療には特に欠かす事のできない病理医という存在が、ほとんどの医療機関にいないと言う事は、当然病理医人口が充実しているとは言い難いのです。

今では、病理診断科として診療報酬が認められ、不足も若干改善されるのではと予測されます。 しかし、実際のところ医師を目指す方自体も病理医の重要性を知る人が少ないため、病理医不足の改善には、多方面からの働きが必要です。 いずれにしても病理診断科として診療報酬が認められた事から病理診断医の重要性が多くの方々に知られるようになり、以前よりも病理診断医の認知度は上がりましたが、病理医が不足している事と病理医のいる医療機関が少ない事は否めません。 なお且つ病理診断医の求人は少なく、お目にかかりづらい求人となるので、今以上病理診断医を増やすには、多方面からの策が必要となります。

病理診断医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 病理診断医の募集先探し All Rights Reserved.