病理診断医の年収相場は?

病理診断医求人TOP >> FAQ >> 病理診断医の年収相場は?

病理診断医の年収相場は?

病理診断医の年収相場は、おおよそ1500万円。 ただし、病理診断医の年収は、各病理診断医により異なります。 1500万円以下の年収の病理診断医もいれば、2000万円以上の病理診断医もいます。 この違いは、医師のスキルや経験年数等が関係し、経験が豊富、スキルも十分であれば高収入が期待できます。 もちろん、各就業先により得られる収入は異なりますが、医師はスキルと経験に応じた収入が期待できます。

しかし、実際のところ病理診断医の収入は不足と考える医師も少なくありません。 非常に高い専門性が必要な病理診断医というのは、幅広い知識を要します。 生物学はもちろんのこと解剖学や生理学など、あらゆる項目の知識を備える必要があります。 しかもそれらの知識は、高い精度のものが必要です。 そのため、病理診断医求人に伴う収入が低いと考えてしまう医師は、実際のところ非常に多いのです。 いずれにしても病理診断医の平均年収は、おおよそ1500万円となりますが、病理診断医求人に伴う平均収入は大体1100万円〜となっています。

医師の求人に関しては、非常に需要が高く求人も多いと思えます。 しかし、高い精度の知識が必要且つ幅広い知識も必要となる半面、収入がその経験やスキルに伴わない病理診断医は、目指す方が少ない事と定着率が高いという原因で求人が少なめです。 よって、「病理診断医の場合は一般医師、他診療科の医師よりも求人を探すのが大変」で病理診断医の求人は他診療科の医師より求人を確保するのが難しい のです。

医者というのは、需要が高く求人が多いというのが、一般的な医師の求人事情ですが、病理診断医の場合は、就職に際する定着率が非常に高い職種なだけに求人自体をあまりみかける事がありません。 収入が備えるスキルと経験よりも低めであり、幅広い知識を要する事が、病理診断医を目指す方が少ない理由で定着率が高い事が、求人の少ない理由となります。

このように病理診断医の場合は、他診療科の医師と異なり求人が少なく求人確保はスムーズにいきません。 しかも年収相場は、おおよそ1500万円とはいえ、求人により大幅に違いますから、転職を考える場合は慎重に求人を選ぶ必要があります。 常に新しい知識を習得しつつ、それに対応していく必要がある病理診断医はレベルの高い知識と豊富な経験が必要なだけに、転職に伴う求人選びは慎重にしなければいけません。 しかも、求人自体が少なめなので、情報をいち早く確保するためにも医師に特化した転職エージェントの利用は必須なのです。

病理診断医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 病理診断医の募集先探し All Rights Reserved.