病理診断医は常勤が多い?

病理診断医求人TOP >> FAQ >> 病理診断医は常勤が多い?

病理診断医は常勤が多い?

病理診断医には、常勤医、非常勤医がおります。 ただし、どちらが多いかと見る場合、やはり常勤医が多い分野と言えるでしょう。 病理診断医は、就職に際し離職率が非常に低い分野です。 なので、外科医などのように外科から他診療科に転職を希望する人が多いという分野ではなく、一度就職をすれば離職する事がほとんどない分野です。 そのため、欠員等による求人も出づらく求人は無いわけではないが、募集人数が多い訳でもありません。

病理診断医人数全体で常勤医と非常勤医の数を比較すれば、病理診断医人数のおよそ1割程度しか非常勤医がいない状況です。 また、非常勤医がいないというよりも病理診断医自体の人数が医師全体で見ても少ない状況です。 いずれにしても病理診断医は、病理診断医自体が非常に少なく、どこの病院にも病理診断医がいるというわけではありません。

地域によっては百単位の人数で病理医が存在しますが、そうした場所では医療施設も多くなるので1施設に対し病理診断医は1人というかたち。 そのため、非常勤医というものでなく、大体常勤医が病理診断を行うというかたちになっています。 とはいえ、病理診断医の求人には非常勤の病理診断医求人もありますが、その数は常勤医より極端に少ない状況となります。

非常勤の病理診断医求人には、がん治療専門の医療施設による求人もありますが、非常勤医求人の場合は週2日程度の勤務で当直なしの勤務内容になります。 非常勤医として病理診断医になる場合は、各求人により条件は異なりますが、平均に時給10000円程度となります。 いずれにおいても病理診断医の募集人数は1名ほどが多いので、求人を確保するにはよりスピーディーに情報をキャッチし効率よく行動を起こす事が求人確保の鍵となります。

常勤、非常勤いずれにおいても病理診断医求人に伴う募集人数は少ないため、求人を確保するには情報をより多く集める事はもちろん、スピーディーに情報を入手しなければいけません。 そのため、病理診断医求人確保に向けたアクションを起こされる場合は、医師転職に特化し意思求人を専門に扱う転職エージェントの利用が適します。 募集人数が少ないだけにその枠を得る事は非常に難しいのが現実ですが、その半面この分野の医師は不足傾向なので、幅広い専門性があれば求人確保もスムーズです。 ですが、各求人によって条件、待遇は全く異なるため、有利に求人を確保するにも医師転職に精通する転職エージェントの利用が必要なのです。

病理診断医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 病理診断医の募集先探し All Rights Reserved.